永井 広(ながい ひろし)

リフォーム後のピカピカのシンクに奥様がニッコニコ(*^^*)
その顔を見れた瞬間、私も思わずニッコニコ(*^^*)になっちゃいました。

 

IMGP0073【担当・役職】現場監督
【名前(ふりがな)】永井 広(ながい ひろし)
【ニックネーム】
学生時代:クマ(同級生女子より)
現在:タママ(テニス仲間女子より)
最近:タヌキ(同年代女子より)
社内:則巻千兵衛、松方弘樹、吉幾三
【生年月日】1960年12月27日 やぎ座
【血液型】O型
【出身】茨城県利根町
【資格・特技】一級建築士、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、一級管工事施工管理技士、宅地建物取引主任者、調理師免許
工作は得意(家庭科と技術家庭の成績はいつも5でした)

【趣味・お休みの日の過ごし方】
正直、あまり休みという休みがないのですが、ただちょっとした合間にも時間を縫って行くのが、12年前に出会い、10年前から始めたテニスですね。
テニスは楽しい、相手があってやり取りをしながらのラリー。また、試合になると駆け引きもあって面白い。今は、利き腕ではない、左手でのプレーに挑戦中です。
なんでって?
利き腕の右手での動作は比較的慣れてきたので(笑)
でもね、これが面白いんですよ。利き腕ほどその感触を確かめながらというわけにはいかないけれど、クセがなくて、ピュアにイチから丁寧に覚えていける。
初心者クラスのスクールからまたスタートしています。

 

あなたのお仕事を、わかりやすく教えてください。

主にアフターメンテナンスやリフォームを中心に仕事をしています。
お客様の窓口に、設計に工事管理に、一言で言えば“万能職”です。
今のメンバーの中では1番のベテランになります。なので、その経験を活かせる仕事、例えば難しい工事だったり、急な不具合であったり、また、若いスタッフたちに技術や知恵を教えるのも私の役割かなと思っています。

 

竹屋に入った理由は?

IMGP0051「自宅をいい環境にしたい」幼心にそう感じたのが、この業界を志したきっかけです。実家は魚屋を営んでいました。たくさんの人が行き交う店舗兼自宅、たくさんの人と出会うのは嫌ではなかったのですが、いわゆる家という感覚はなくて、なんとかしたいという思いでした。

 

 

それからは徹底的に勉強しましたね。専門学校を経て、ゼネコンでビルやマンションを造る経験をして、やっと住宅の道へ。住宅や開発の仕事もやってきたのですが、儲け主義の会社の方針に反発し、30歳からは独立をして、一軒一軒、思いを込めて家づくりをしてきました。

竹屋に入社したきっかけは、当時の部長にお誘いを受けて。地元で育ったので、ピンクのトラックなど、竹屋のことは知っていました。
実際にいろいろ話を聞いてみて、ちゃんとした会社だな、潰れない会社だな、と、その一員として自分の技術や経験を活かしていこうと思い、入社を決めました。

 

「この仕事、やっててよかった!」と思った事は?

IMGP0058やっぱりお客様の願い「快適に住まいたい」という願いをカナエルことができた瞬間ですね。
そして、信頼していただいた時。
そこに仕事の大小は関係ありません。

ある時「屋根のちょっとした工事」を頼まれたお客様のお宅に伺った時のこと、部屋にあげていただいてお話を楽しんでいた時に、「台所をリビングにもっていきたいんだけど、ムリよね?」って相談を受けたんです。

 

 

IMGP0060

信頼して気軽に相談できる人を探していたんですよね、きっと。ご希望だった「木のキッチン」ピカピカのシンクに奥様はニッコニコ(*^^*)
その顔を見れた瞬間、私も思わずニッコニコ(*^^*)になっちゃいました。

 

今の仕事の大変なところは何ですか?

書類!
パソコン!
そして、タイムカード!
(笑)
縛られるのが苦手な性分なんです。

 

社内で「これをやらせたら右に出る物はいない」ことは何ですか?

テニスは、負けないですね。
テニス経験者のトメさん(スタッフ吉留)にも負けないよ、きっと。

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢は?

これからもニコニコしながら仕事をしたいですね。
みんなを幸せにする仕事を。
いずれは、子どもの頃から好きだったものづくりを…DIY講師をやろうかな。
ベテランだからこその仕事を探してやっていきますよ。

 

竹屋の好きなところは?

裏表がない所ですね。
あと縛られないところ。
「いってきます!」と言えば、「いってらっしゃい」
帰ってきたら「おかえり!」
って、いろいろ会話をしながら楽しくできる所がサイコーです。
調子に乗ると、厳しいツッコミが入りますが…(笑)
でも、サイコーです。

 

 


最新イベント情報 お問い合わせ